encourageofclimb 山登りへの招待状

Encourage of Climb 山登りへの招待状

山登りと買った山道具、温泉の記録帳です。

男性でもスキンケアは必須‼︎登山やキャンプでも楽にスキンケアできる商品を紹介

最近は男性でも肌を気にする方が多くなり、洗顔料使って洗顔して化粧水つけるなどスキンケアをする方が多くなりましたね。

実は男性の肌って女性の肌と比べても敏感であるといわれているみたいで、女性と比べると水分量が少なく乾燥しやすい上に、脂分が多くいのでニキビや肌荒れがしやすいみたいです。さらに、化粧しないので紫外線や外気に直接晒されますし、毎日多くの方は髭をシェービングするのでカミソリなどで大きな負担が肌にかかっています。なので実は男性こそ肌のケアはちゃんとするべきなのです。

スキンケアは毎日やってこそ成果がでるので少しでもサボってしまうとまた肌荒れしてしまいます。なので山に登って山小屋に宿泊するときも、キャンプしてテントの中で寝るときも、旅行に行くときもスキンケアは必須です。
家ではスキンケアするけど、山まで持っていくのは重いし面倒だからいいやってなりがちなのですが、標高が高いところで行う登山は皮膚への負担がいつも以上に大きくなってしまいます。なので、山で簡単にできるスキンケアを紹介します。

 

 

 


1. まずは日焼け対策


日に焼けたオトコってカッコいいなんて時代はもう古いです。カッコいいかもしれないけど肌には相当負担がかかっています。病気の原因にもなりますし、高度が高いところを自然に歩き、木々のないところもある登山は太陽の光を浴びやすく日焼けしたくなくても日焼けしてしまう環境です。日焼け止めは1回塗って終わりではなく何度も塗らないと効果がないので、どこでも塗りやすくてなおかつ汗で日焼け止めが流れないようなものを使えばいいかなと思います。ちなみに自分が使っている日焼け止めは

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

VIVO アウトドアUV 10g ホワイト ヴィーヴォ【ネコポス便送料無料】
価格:2970円(税込、送料無料) (2019/12/17時点)

楽天で購入

 




この日焼け止めの特徴は

・アウトドア専用日焼け止めなので汗にも強いし、紫外線にも強いし、環境にも強い
・持ち運びが楽で手で塗るタイプなので汚れにくい
・虫を寄せにくい


という点です。


2.スキンケア


山に行こうがキャンプに行こうが乾燥がなくなる訳でも皮脂がでなくなるわけでもありません。むしろ汗で気持ち悪い顔をスッキリさせたいのは家でも山でも変わらないですよね。できることなら家と同じようなスキンケアをしたいですが、家のものをそのまま持っていくとかさばりますし、小分けするのも取り外しが面倒です。さらに山では環境保護の観点からシャンプーやリンス、洗顔料の使用がNGなところがほとんどなのでシャンプーや洗顔料を使わないでスキンケアをする必要があります。


洗顔はフェイスシートを使って解決できます。水場で洗ってもいいですが、昨今の情勢から気にされる方もいるので避けた方がいいでしょう。ただ、フェイスシートはゴシゴシしすぎると肌に良くないのであんまりゴシゴシはしないでくださいね。

顔を洗ってだけではスッキリできるのは一瞬だけで、むしろ洗顔だけでは脂分が流されてしまってかつ乾燥するのでむしろ乾燥を補うために皮脂が出てきてしまいこれが肌荒れの原因になります。なので化粧水や乳液をつけて保湿する必要があるのですが、化粧水持ってたり乳液使ったりするのは正直山に持っていくのは重いしできれば楽にケアをしたいところです。そこで自分は無印良品のオールインワンジェルを使っています。

 

 





オールインワンジェルなので化粧水、乳液、クリームの成分が全部入っているので1回塗るだけなので簡単にケアができます。また、オレンジの柑橘系のニオイがすごくいいです。柑橘系は男性にもよく合うニオイですしね。また、柑橘系は毛穴も小さくしてくれるので男性の肌にも合いますし、ベタベタしないし肌によく馴染みます。携帯用なので荷物にもかさばらないです。

無印のオールインワンジェルは肌質に合わせて数種類用意されているので自分の好みに合わせて選べます。男性にはクリアケアが1番あっているかなと思います。

オールインワンジェルさえ塗るの面倒だったら顔パックでもいいかなと思います。

 

 


 



これはパックするだけで洗顔からパックまですべてを60秒でやってくれるというすぐれもの。男性でパックってなかなかしないと思いますがつけているだけで全てが完了するので楽で普段使いでも十分使えます。ただ、パックは水分が多いので開けてしまったらできればジップロック等に入れておくことをオススメします。でないと下手するとチャックが外れて他のものが濡れてしまうかもしれないからです。


3.その他あれば便利なもの



ハンドクリームとかはそんなにかさばらないのと保湿力高いので一本持っておくとどこの箇所にも塗れます。シャンプーは1泊ぐらいなら自分は我慢しちゃいますね。下山して温泉行くときにはロフトとかハンズで売っている100円ぐらいのお試しシャンプーを使っています。ゴミはそのまま捨てれますし、荷物になりませんし次はどのシャンプー使ってみようかなというお試し気分で使っています。



山でもキレイな肌でいられるよう最低限のケアを欠かさないでくださいね。そして肌の悩みを気にせず山に登りましょう!!