encourageofclimb 山登りへの招待状

Encourage of Climb  山登りと温泉への招待状

登山記録や山旅、登山道具などの山に関することや旅行や温泉のブログ

サウナ体験レポート:横浜市のHARE-TABIサウナ

横浜市の中華街にあるHARE -TABI サウナに宿泊してきましたので今回レポートします。新進気鋭ながらも「横浜」を感じられるサウナで、カプセルタイプの宿泊施設は寝台車をイメージしていて、カプセルながらも色々と心遣いを感じられました。

 

 

中華街の中にあってどこに行くにもアクセスしやすい立地

 

場所は中華街の善隣門の一歩隣の通りです。西門通りと福建道との交差点にあります。関内駅から歩いて15分、石川町から歩いて5分、元町・中華街駅からは歩いて7分という立地です。

 

HARETABIサウナは中華街の中にありますし、山下公園や

横浜スタジアム、

 

港の見える丘公園



などなど、横浜の定番スポットにはアクセスしやすい場所にあるのでHARETABIサウナを拠点に観光やスポーツ観戦をするのもいいと思います。

1Fは「欧州航路」というヨーロッパ雑貨を取り扱うお店になっていて、HARETABIサウナは2Fと3Fにあります。

受付は3Fにありますのでエレベーターで向かいましょう。

 

部屋 ヨーロッパの寝台車をイメージしたちょっといいカプセル

 

チェックインしたら施設について係りの方が案内してくださりました。

 

部屋はこんな感じです。

カプセルながらもマット以外のスペースもあって窮屈感は全くありませんでした。ヨーロッパの寝台車をイメージしているのかクラシックさも感じながらも異国情緒もある横浜らしいカプセルホテルです。

 

机や鏡もあるのでちょっとした荷物を置いたり、簡単な身だしなみ程度なら整えられるでしょう。

コンセントは2口あります。

カプセルの懸念点はセキュリティだと思いますが枕元に貴重品入れがあるので安心です。

ドリップパックのコーヒーも置いてあって、共用スペースにコップとお湯は用意されているのでいつでも飲むことができます。


共用部にはソファや机、本が完備されています。

シャワースペースや洗面スペースも当然ありますし、女性用のカプセルもありますので安心して寝れると思います。



客層は日本人よりも外国人が多かったです。外国人も欧米系からインド系、アジア系まで様々でした。

 

サウナ 横浜を感じるサウナで最高のサ旅を

 

サウナはいつでも入れるわけではなく、夜は22時30分までで、朝は7時から9時までです。なお、宿泊していてもサウナプランに入ってないとサウナに入れないので宿泊する際は注意してください。サウナをきちんと満喫するためには夜は20時30分までにきてほしいということなので、かなりギリギリでしたが20時30分ごろから入ります。

 

よりサウナを楽しむためのドリンクメニューが充実しているのがHARETABIサウナの魅力で、発汗を促すスターターからミネラルとビタミンを補給できるサプライ、そして水分を取れるフィニッシュとこれらを飲んでよりサウナを満喫できるかと思います。てなことで今回はスペシャルドリンクセットを頼んでみることにします。

 


スターターできたのはドライジンジャー。生姜の味が強烈で身体の中から熱ってきます。



では服を脱ぎサウナに行きましょう。

 

シャワーは立ってする場所しかないですがタオルを引っ掛けるところもあって使いやすいです。

 

サウナ室は1つしかありませんが、今回入ったのは横浜開港後の産業革命をイメージしていてなんろ水車から水がサウナストーンに落ちてロウリュしてくるというサウナです。サウナ室は90度ぐらいですが、水車ロウリュがあると一気に体感温度が上がってきます。10分かそこらしてから出てシャワーで汗を流して(シャワーが立ちスタイルのしかないのもこういう計算がされている)、水風呂に入ります。水風呂も漢方を入れた水風呂で温度も16度ぐらいでちょうどいい温度です。

 

水風呂の後は外気浴ですが、露天スペースはないので外気を浴びることはできません。だがなんと風がととのいチェアの上から降ってくるスタイルです。しかも椅子によって風の当たり方が違うみたい(これはサウナでた後に知った)。チェアも普通の椅子からリクライニングできるようなチェアなどなど色々とこだわっています。

 

そして、なんといってもサウナしている間にドリンクを注文できるところでしょうか。サウナ中の水分補給は重要ですが、水を持ち込めなかったり、ウオーターサーバーぐらいしかないところがほとんですが、さっきのドリンクメニューからドリンクを注文することができます。

 

今回はオレポにしました。サウナで飲むには勿体無いぐらいのインスタ映えしそうな色づかいでもちろん味もすっきりしていて、ゼリーみたいなのも入っていて食感も楽しめます。今回頼まなかった横浜開港オレポは氷までオレポになっているみたいです。

 

サウナを3セット繰り返して、出た後はフルーツ牛乳をごくり。

いい気分で寝れました。

 

翌朝もランニング後にサウナに行きます。昨日と同じところかと思いましたが、別のところでした。朝は宿泊者しか利用できないので快適ですし、別のサウナを体験できるのは宿泊者の特典です。

 

こちらのサウナはセルフロウリュのタイプですが、ロウリュの水がなんと烏龍茶とジャスミン茶。香ばしい匂いと共に蒸されます。ちなみにジャスミン茶の方が人気が高かったです。

 

サウナ後はサ飯ですが、中華街ということで中華街の各店と連携してサウナ飯を提供しているようです。

おすすめのサウナ飯も紹介されています。

今回はサウナ飯を食べる機会はありませんでしたのでまた次の機会で食べたいですね。

 

チェックアウトはほぼフリーで、部屋番号にチェックをするだけでした。

 

HARETABIサウナは、かるまる池袋のプロデゥースのもと作られているようでサウナの動線が素晴らしいかったです。サウナも部屋も細かい配慮ができているなという印象でした。皆がイメージする「横浜」を感じながら入れるサウナでした