encourageofclimb 山登りへの招待状

Encourage of Climb 山登りと温泉への招待状

山登りと買った山道具、温泉の記録帳です。

【3日目】青春18きっぷの旅開始!リゾートしらかみで弘前まで移動

f:id:kabbocha7:20210826174911j:plain

東北ビンビン山登りツアーも3日目です。前日は一つ目の山である月山登山をしてきました。

 

 

www.encourageofclimb.com

 

3日目は移動日です。そしていよいよ青春18きっぷの出番です。鶴岡から秋田まで移動したのち観光列車リゾートしらかみに乗車して弘前まで移動します。

 

まず鶴岡駅から

f:id:kabbocha7:20210826173625j:plain

酒田駅まで移動して、酒田駅から秋田行きに乗車します。

f:id:kabbocha7:20210826173702j:plain

酒田行きはボックスシートで景色も見やすいですが、秋田行きはロングシートのため景色も見ずらい。ただ、鳥海山を近くから見ることはできました。

 

f:id:kabbocha7:20210826173844j:plain

今回は時間がなくて登れませんでしたがわざわざ鳥海山だけ登りにくる価値はありそうなので時間作って訪れたいですね。

 

電車に揺られて3時間で秋田駅に到着。乗り換え時間は1時間以上ありましたのでスタバで軽くブログ書いてリゾートしらかみに乗車します。

f:id:kabbocha7:20210826173922j:plain
 

リゾートしらかみとは五能線という青森県秋田県を結ぶローカル線を走る観光列車で世界遺産にもなっている白神山地や風光明媚な日本海を見ることができます。

 

www.jreast.co.jp

今回乗る列車はくまげらという車両でこのほか青池と橅という車両があります。

 

中はこんな感じでリクライニングシートと前の方はフリースペースとなっていて反対側の景色を見たいってなった時にこちらのフリースペースから景色を見れるようになっています。

 

f:id:kabbocha7:20210826173852j:plain

2号車はボックスシートになっていてグループで使うには最適です。イスの形になっていますがシートを伸ばして床にすることもできるので寛ぎやすさもあります。

 

f:id:kabbocha7:20210826174002j:plain

先頭車両はラウンジスペースになっていて前面(後面)展望を楽しめます。

f:id:kabbocha7:20210826202022j:plain

また、イベントもこの場所で行われますので常時混雑している印象です。

 

1時間ほど走って五能線の入り口の東能代駅です。

f:id:kabbocha7:20210826174035j:plain

東能代駅で向きが変わるので8分ぐらいの休憩時間があります。さらに次の能代駅では15分ほどの停車時間があります。車内販売がある列車もありますが、このくまげらの車両は車内販売がないので、駅の中にあるニューデイズが最後の買い出しスポットとなります。本来であれば駅からでた瞬間指定席券は紙屑となってしまうのですが、特例で出ても問題ないようです。

f:id:kabbocha7:20210826202218j:plain

ニューデイズにも駅弁なども売っているのですが、今回は「ごのたび」というモバイルオーダーサービスを使ってみました。

 

lp.jreast-joyful.jp

 

前日までの予約となるのですが、当日駅で作りたてのお弁当やスイーツをいだだけますし、カード決済も可能です。なので能代駅で弁当を受け取るために降りたのです。見た感じ「ごのたび」を使っている方は数人しかいなかったのですが、使ってみて暖かい弁当や飲み物を食べ飲みできるのとわざわざ一旦途中下車しないと食べれないもの食べれますし、駅弁も好きですがお目当てのものがない時もあるので(ごのたびであれば確実に好きなものを食べれる)リゾートしらかみに乗る際には是非利用していただきたいサービスです。まだまだあんまり知られていないのかな。

 

また能代はバスケの町。バスケットのフリースロー大会も停車中にやっていたので我こそはという方は是非チャレンジを。

 

f:id:kabbocha7:20210826174200j:plain

再び列車は走り出して引き取った弁当をいただきます。今回はのしろ牛弁当(1200円)をいただきます。

f:id:kabbocha7:20210826174225j:plain

中を開けると

f:id:kabbocha7:20210826174255j:plain

のしろ牛のステーキが6枚と玉ねぎ、ナスの天ぷらなど意外に栄養面も配慮がされています。後は白神山地の水で入れた紅茶をいただきました。

f:id:kabbocha7:20210826174135j:plain


 

デザートはこちらは秋田駅で注文したフルーツタルト。

f:id:kabbocha7:20210826174506j:plain

ネットで見たときの写真映えが良くてつい買ってしまったのですが特に東北っぽさがあるわけではなさそうで、いちご、ぶどう、パインなどが乗っています。まぁ、でもおいしかったですが。

 

風力発電が見えるともう海も近いんだなと感じ、

f:id:kabbocha7:20210826174335j:plain

しばらくすると日本海が現れます。晴れていればもっと青い色になっているでしょうが台風が来ている関係上どす黒い色になっています。

 

f:id:kabbocha7:20210826174421j:plain

リゾートしらかみは観光列車ということもあり途中の絶景ポイントではゆっくり徐行してくれますので徐行箇所では多くの方がシャッターを海の方に向けています。

 

f:id:kabbocha7:20210826174531j:plain

f:id:kabbocha7:20210826174448j:plain

列車はその後も日本海と共に走っていきます。

 

f:id:kabbocha7:20210826174725j:plain

f:id:kabbocha7:20210826174808j:plain

大体中間点の深浦駅に到着。

f:id:kabbocha7:20210826174900j:plain

五能線にはスタンプラリーがあり、停車駅ごとあり数分の停車時間しかないので毎回ダッシュでスタンプ押しに行く→ダッシュで席に戻るを繰り返します(別に参加強制ではありません)。この後も風光明媚なところを走っていきしばらく行くと千畳敷駅。駅からすぐの場所に千畳敷という観光地があり一部のリゾートしらかみが停車してどうぞ観光してくださいとばかりに15分ぐらい時間をとってくれます。

f:id:kabbocha7:20210826174940j:plain

f:id:kabbocha7:20210826204506j:plain


ただ台風がきているこの日は雨と風が強くて写真何枚か撮って退散です。mont-bellのトレッキングアンブレラ使っていましたが、この程度の風ではびくともしないのがすごかったです。

 

鯵ヶ沢駅あたりから日本海から離れ、田園地帯を進んでいきます。

f:id:kabbocha7:20210826175009j:plain

本来であれば百名山岩木山が見れるはずなのですが、裾ぐらいしか見れないです。津軽平野では列車のラウンジ部を使って津軽三味線の生演奏や津軽弁語り部が行われています。ラウンジ行ってもいいですし、自席でも聞くことができます。

 

五所川原駅で橅編成のリゾートしらかみと列車交換です。

 

f:id:kabbocha7:20210826204848j:plain

リンゴ畑を見ながら五能線終点の川部駅に到着です。

f:id:kabbocha7:20210826175205j:plain

列車はこのまま弘前まで向かいます。一部の列車はさらに折り返して青森方面に行くので新幹線との乗り継ぎも可能です。その気になれば東京から日帰りで五能線の旅をすることも実は可能です。乗車時間5時間ですが飽きないですし、携帯電話すらほとんどみることがないぐらい楽しい列車の旅でした。

 

弘前でおりてホテルに向かいたいのですが、その前に寄りたいところがありましてバスに乗りさくらの百貨店へ。行くのはモンベル弘前店。山道具が壊れたとかいう緊急の案件ではなくmont-bell青森県限定のTシャツが欲しかったからです。お目当てのTシャツのLサイズがなかったのですがMでも着れるので仕方なくMにしました。

 

その後安定のドーミーインに宿泊しました。ちょっと古めのドーミーインでしたがルームキーとテレビ以外古さは感じませんでした。リンゴジュースが美味しい。

 

夕飯は近くの中三という百貨店の中にある中みそというラーメン屋にしました。弘前市民なら誰もが一度食べたことのある味のようで私が頼んだすぐ後で売り切れとなりました。味噌ラーメンにコーンとバターをトッピング。これで790円ですから安いのではないでしょうか。野菜もたっぷりですし味噌もコッテリしていることはなくて食べやすい味でした。

f:id:kabbocha7:20210826175251j:plain


 

明日は岩木山登山ですが台風が来ていて天気は悪いので弘前市内の観光かな