encourageofclimb 山登りへの招待状

Encourage of Climb  山登りと温泉への招待状

登山記録や山旅、登山道具などの山に関することや旅行や温泉のブログ

紅葉も見頃だった日和田山でのんびり里山ハイキング

2021年の2月に埼玉の日和田山から宮沢湖への里山のんびりハイキングをしたのですが、

 

www.encourageofclimb.com

東京から1時間程度電車で移動するだけで、展望も良い山ながらあんまり時間もかからず登ることもできてちょっとした岩場もあって楽しい。のどかな田園風景そして帰りには温泉とムーミンパレーパークとハイキングするには最適な環境だと思ったので季節を変えて訪れてみたいと思っていました。ブログ書いているのはちょうど昨年いった時と変わりませんが、登ったのは12月初めです。今回は山仲間たちと一緒に日和田山に登り、巾着田を通って宮沢湖に向かいます。ルートは上の記事の日和田山以降はほぼ一緒です。

 

 

 

今回のスタートは西武鉄道高麗駅

 

f:id:kabbocha7:20220220083007j:plain


アクセスは飯能駅まで急行や特急ラビューでいき、飯能駅から普通電車に乗り換えて2駅目と都内からのアクセスも便利です。私はといいますと一旦都内に出るのも武蔵野線回っても変わらないので武蔵野線周りで行きました。武蔵野線はいろんな路線と接続しているので降りる人みてこの人はこの山に行くのかなと想像することが多いです。土日の朝はたいてい各車両にはたいてい登山客がいる印象です。

 

のんびり話しながら山に向かっていくと色づいた木々がおで迎え。

f:id:kabbocha7:20220220083349j:plain

12月に入ったあたりですがまだまだ紅葉しています。今年は10月初めから安達太良山

 

www.encourageofclimb.com

 

栗駒山から紅葉登山を始め、

 

www.encourageofclimb.com

2ヶ月ほどたちましたし、先々週登った山ではもう色づきが終わっていてだんだん冬の装いになっていたのでまだ色づいているので錯覚を起こしている気分です。ただ、時が2ヶ月経っているのも事実です。

 

和田山のハイキングコース

f:id:kabbocha7:20220220083414j:plain



今回は急峻な岩場のある男坂を登ります。女坂は昨年下りました。

f:id:kabbocha7:20220220083652j:plain



男坂は急峻な岩場といってもロープや鎖があるといったわけではなくアスレチック感覚で登れるので登山初心者でも楽しいはずです。ただ、雨が降ったあとなどは滑りそうなのでトレッキングシューズがあったほうがよさそうです。

f:id:kabbocha7:20220220083709j:plain

f:id:kabbocha7:20220220083718j:plain



あっというまに山頂近くの展望スポットへ。紅葉が色づいていて、紅葉に囲まれた真ん中あたりにある円形の田んぼは巾着田と呼ばれる場所です。後で訪れます。その先には西武ドーム(2022年3月よりベルーナドーム)や都内の高層ビル群が一望できます。

f:id:kabbocha7:20220220083957j:plain



この鳥居は西武線に乗っていると見えますね。

f:id:kabbocha7:20220220084033j:plain



お堂でお参りして

f:id:kabbocha7:20220220084050j:plain

 

紅葉の先に見える山は恐らく雲取山でしょう。

f:id:kabbocha7:20220220084124j:plain

私はみていませんがちょうど鬼滅の遊郭編が始まる時だったので鬼滅の話で盛り上がってました。

お堂を少し登ると山頂です。

f:id:kabbocha7:20220220084155j:plain



山頂までは20分か30分ぐらいで登れました。飯能近くにはこういう山が多くてロケーション的に最高です。

 

筑波山もちゃんと見えます。

f:id:kabbocha7:20220220084245j:plain



帰りは男坂・女坂ではなく日和田山名物でもあるロッククライミングできる男岩・女岩です。フリークライミングの聖地でもありますね。外岩は怖いですが、こういうのみるとやってみたくなりますね。

f:id:kabbocha7:20220220084410j:plain


 

 

和田山自体は休憩込みで1時間ぐらいで終了で、コンビニでトイレ休憩した後巾着田に向かいます。巾着田までくると登山ではなくもう散歩ですね。川の水もキレイです。

f:id:kabbocha7:20220220084448j:plain



こういう長閑な田園の中を歩きます。

f:id:kabbocha7:20220220084506j:plain

東京からわずか1時間の距離ですがこんな風景が広がっているのは落ち着きますし、ハイキングしていて楽しいです。

f:id:kabbocha7:20220220084526j:plain

 

f:id:kabbocha7:20220220084723j:plain



後ろを振り返ると日和田山が見えました。麓あたりは紅葉で黄色くなっています。

f:id:kabbocha7:20220220084706j:plain



ドレミファ橋は木製の橋がかかっていますが、名前の由来通り飛び石を跳ねながら渡っていく必要が昔はあったみたいですね。

f:id:kabbocha7:20220220084752j:plain

木道の右側に石が見えるはずです。ヤマノススメに出てきたドレミファ橋だとずっと思っていましたがヤマノススメ のドレミファ橋は飯能の吾妻橋あたりのようです。確かに巾着田ってヤマノススメでもまだ出てきていないような。

 

巾着田を超えると再びハイキングコースです。登りきったところは高麗峠です。高麗峠をまっすぐいくと天覧山ですが目的地は宮沢湖なので左に折れます。

f:id:kabbocha7:20220220084822j:plain



前1人できた時は長く感じたゴルフ場のそばのハイキングコースも話しながらだと相当短く感じます。

 

宮沢湖に到着!紅葉と湖がよく映えます。

f:id:kabbocha7:20220220085000j:plain



奥に見えるのはムーミン屋敷ですね。

f:id:kabbocha7:20220220085032j:plain



運悪くムーミンバレーパークは改修のため休館中ですがメッツァは営業しているので入口までは入ることができます。

f:id:kabbocha7:20220220085212j:plain

f:id:kabbocha7:20220220085220j:plain

f:id:kabbocha7:20220220085227j:plain



メッツァのフードコートでドリアを食べて宮沢湖喜楽里に向かいましたが、ムーミンバレーパークが休館しているのに大盛況でした。ムーミンバレーパークが休館しているから空いているだろと考えていましたがそんなことはなさそうでした。

 

ただ、休館している影響で帰りのバスは路線バスしかありませんでしたのでそこだけ注意する必要がありますね。飯能駅行きのバスは立ち客が非常に多かったです。

 

都内周辺からのアクセスもいいですし、アスレチック感覚で日和田山にも登れますので最近登山やっていなかったけど復帰したいなっていうかたや運動したいという方にはおすすめです。宮沢湖まで行くとちょっと体力は必要ですが、日和田山登って巾着田散歩して高麗駅に戻るってだけでも十分運動不足を解消できるはずです。雪山とか高い山とかももちろんいいですが、整備された里山はどんな人でも楽しめて歩けるのでたまにはこういうハイキングもいいですね。